お店・ブランド:共和水産

便種 宅急便冷凍

三陸産いかそうめん

380円/税込

三陸産するめいかをソーメンにして食べやすい丸カップに入れました。無添加イカソーメンたれ付き。 ・90g(いかそうめん25g×3、添付たれ5g×3)

創業以来、イカにこだわり尽くしてきました。

昭和58年創業以来、共和水産はいかそうめんの加工をして参りました。長い歴史の中で様々な形態になり現在の個食丸カップになりました。消費者のニーズと時代とともに進化し続ける共和水産のいかそうめん!

三陸のするめいかはここが違う!

するめいかは九州で産卵し三陸で生涯を終えます。一年魚です。三陸で水揚げされるするめいかの特徴は身が厚いことです。特に11月~12月にかけて集中して水揚げされるするめいか。身厚ないかはいかそうめんにはあまり向かないと一般的に水産業界では言われております。しかしながら食べると甘みが感じられしっかりといかの味があります。共和水産は三陸の身厚ないかの特徴を更に生かせるようなに処理方法や切り方で工夫をし甘みがありもっちりとしたいかをお届けしております!

”朝”食べるのが港町の楽しみ方。

するめいかが水揚げされる港町では「いか」を朝食べるのは当たり前??
いかは鮮度が良ければ良い方がいい。なので他の魚よりもよく「活いか」と言う言葉を目にしませんか?
熟成させた方が良い魚と異なり、いかは水揚げされたてに価値が高くつきます。特に夏場に水揚げされる小型のするめいか(通称:麦いか)は港町の家庭では朝食として捌きたてのいか刺しが良く出てきます。

産地ならではの食べ方、美味しさをパックで。

そんな港町の朝食シーンを思い描いて作りました!
でも朝からいかを裁けないし、あまりたくさんの量は食べないし・・・
お客様の食べやすさに追及して作った丸カップ入り!炊き立てのご飯、お味噌汁、いかそうめん。間違いありません!
さあ、本日は朝から港ご飯!

生より美味しい冷凍を追求しています。

鮮度良好が価値の高いイカ。しかしながら、時間が経過するとしっかり甘みが出てくるのも特徴の一つ。産地で水揚げされたばかりのするめいかを急速凍結。宮古港の底曳網船で水揚げされた当日物のみを使用。(定置網や釣り物も水揚げあれば使用)
何よりもイカは「元鮮度(もとせんど)」が重要です。
原料解凍後は品温管理をしながら最終凍結まですることで生では味わえないイカを作っております。
殺菌は薬品臭が一切しなくよりオーガニックな電解微酸性水を使用。

お手軽なカップだから、アレンジもかんたん。

可愛いカップに入ったいかそうめん。このロゴマーク共和水産のマスコットキャラが入っているんです。
その名も「いか太郎くん」。食卓にこのカップがあることで明るさを演出し、この青色が三陸の海をイメージさせます。
お皿いらずのこのカップ。生姜やわさびを加えて添付の特製たれで食べて頂くのも良し。
納豆を加えていか納豆。明太子を加えていか明太。オクラを加えていかオクラ。
自分好みのイカにアレンジ出来ます!

安全安心の工場から全国にお届けします。

製造元の共和水産㈱藤原工場はHACCP認定工場です。より安心安全ないかそうめんをお届けする為に何よりも衛生面に配慮し三陸の素材を加工しお客様へお届けしております。

品名
三陸産いかそうめん
原材料
するめいか(三陸北部沖産)
添付たれ[醤油(小麦・大豆を含む)、発酵調味料、水あめ混合異性化液糖、みりん、砂糖、こんぶエキス、魚醤、かつおエキス(さばを含む)、酵母エキス、麦芽エキス、食塩/酒精]
内容量
90g(いかそうめん25g×3、添付たれ5g×3)
商品説明
三陸産の身厚なするめいかをソーメン状にカットし食べやすい丸カップに入れました。
特製のいかそうめんタレ付きです。
ページTOP