お店・ブランド:小が理商店

便種 宅急便冷凍

秋刀魚みりん干し

580円/税込

開いた秋刀魚をみりんだれでじっくり漬込みました。 ・2枚

じっくり漬け込む「みりん漬け」!

漬け魚の4番バッターと言っても過言ではない「みりん漬け」。どの魚にも相性が良く、親しまれている味付けです。砂糖、醤油、みりんの他に魚の臭みを消し、コクを出すために魚醤を自社ブレンドしています。約16時間じっくり漬け込みます。さんまの脂に甘めのみりん味が良く合う。もう白いご飯が目に浮かびますね。焼いている香りも一緒にお楽しみください!

さんま大好き、宮古から!

昔は本州で初めにさんまが水揚げされたのは岩手県宮古市。さんま熱は凄いです!旬の時期はお刺身で楽しんで、焼いて、後半戦ですり身汁と言うさんまの黄金リレーとなります。脂があるさんまも脂が落ちてきたさんまも楽しむ宮古市。年々、漁獲が減って寂しいですがさんまへの熱は冷めることはありません!

大型さんま使用!

年々、小型サイズのさんまがメインになってしまっています。産地で食べるさんまを皆さんにも楽しんで欲しい!一匹120~140gの大型さんまから作っています!しっかりと脂も感じ、さんまの旨味がわかります。内臓を処理していますので、安心して焼き立てのさんまをお召し上がり頂けます。

地元で愛される「さんまみりん」

岩手県沿岸は「さんまみりん干し」が大好き!旬の時期は刺身や塩焼きで楽しみますが端境期になると出てくる加工品がこの「みりん干し」。外パリパリで身がふっくら、甘めの味付けで子供も大好き!地元のスーパーや魚屋でも当たり前に見かける「さんまみりん干し」。是非、宮古の食卓を感じてください!

皮サクッと身がジュワっのさんまみりん干し

やっぱり干物は焼き立てが一番!焼き上がりの干物に箸をさしてジュワァってなった経験あります? あれは美味しい証拠。その中に閉じ込められた身はふっくらジューシー。干すことで魚の旨味を閉じ込めます。なかなかスーパーでも見かけないと思います。是非、焼き立てとみりんの焼けた香ばしい香りをお楽しみください!

さんま棒受網漁?

皆さん、さんまってどうやって獲れるか知っていますか?魚群探知機とサーチライトでさんまの群れを探します。片方に集魚灯を消し、もう片方の集魚灯だけを点けてさんまを集めます。集魚灯を船尾から順番に消すと同時に船首の集魚灯を順番に点けてさんまを網の方に誘導して網で漁獲します。 大型の船も小形の船も様々あります。日本以外には中国や台湾、ロシアでもさんま漁を行っており、世界で愛されているさんまです。台湾は特にさんまが大好きなのも有名です。

品名
秋刀魚みりん干し
原材料
さんま(岩手県産)、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、醤油、みりん、魚醤、デキストリン、食塩、デキストリン(原材料の一部に小麦・大豆・ゼラチンを含む)
内容量
2枚
商品説明
岩手県沿岸で水揚げされたさんまを開き自社配合のみりんたれに漬け込みました。塩味と甘みのバランスがちょうど良く、さんまの脂と良く合います。
ページTOP